株式会社グッドライフデザインは『健康・医療・介護』をキーワードに設立された、トヨタ自動車(株)と三菱商事(株)の合弁会社です。

弊社の強み|BUSINESS

弊社の強み

  • 弊社の強み
  • 導入事例・お客様の声
  • 医療機関の皆様へ
  • 企業・健保の皆様へ
  • 個人の皆様へ

医療現場の改善と新しい医療モールの企画・運営

グッドライフデザインの“3つのちから”をもとに、医療現場の各種業務改善のお手伝いを行います。医療専門スタッフが治療に専念できて、患者様へのサービスが向上すること、病院内の医薬品や医療材料、医療機器等の調達コストが低減することによって病院内の収益拡大と機能向上が実現できることがわたしたちグッドライフデザインの願いです。

近年では利用者の利便性が高く、ハイグレードで充実した設備を備えた医療モールの企画・運営もおこなっており、新しい医療施設の創造にも積極的に取り組んでいきます。  

トータル健康管理

企業内の健康管理業務をすべてワンストップで受託することが可能です。企業が果たすべき従業員の健康管理について各種専門スタッフがきめ細やかな対応をいたします。

さらに、医療機関とのネットワークをいかし、企業内では解決が難しい問題に対しても専門的な対応をご提供することができます。

グッドライフデザインの”3つのちから”とは

  • 現地現物
  • 創意くふう
  • 標準化

グッドライフデザインの考える「現地現物」

理論ではなく現場を見て問題点を発見し、解決に努める。それが、私たちの考える『現地現物主義』です。
そのため医療や福祉、保健機関においても、私たちはまず『現場』にたって、その上で継続して提供できるサービスを考えます。
委託する側、受託する側の双方が先入観を持たず現場を直視し、解決すべき課題を見つけることが基本だと考えるからです。
問題があれば出来るだけ早く検討を開始し、考えうる限りの対策の選択肢をご提案させていただきます。そして“人を大切に”という観点から、『現場』の方々に納得していただける“根本問題”の分析と“防止策”を、ご提案・実践しています。
ムダやムラのない低コストかつ高品質なサービスをお届けすることで、無理のない絶えざる改善のお手伝いができることこそ、私たちの喜びです。

グッドライフデザインの考える「創意くふう」

グッドライフデザインでは、ISO(国際標準化)とCompliance(法令遵守)を永遠の課題としています。
ISOに関しては、臨床検査センターにおける品質領域での認証を取得し、一方のComplianceは、個人情報保護を視野にPマーク認証を受けました
また、社内においては「創意くふう制度」を採用し、「今、何が問題か」「将来どうあるべきか」といった目標を設定して業務に励むとともに、職場内での自己啓発、相互啓発を促す危機管理も兼ねたリスクマネジメント「ヒヤリハット」などを実践して全員参加による継続的な管理・改善を行っています。また表彰制度も設け、常に人を第一に考える良き風土が醸成(人間性尊重と知恵・改善)された企業であり続けたいと考えています。
私たちのポリシーは“実施結果に責任を負う”というもの。
エンドユーザーである「医療行為を受ける人」の評価こそが“クオリティ”であるとの認識にたち、高い評価=信頼を得ることが出来るよう努めています。
そして、エンドユーザーのニーズや期待には、謙虚かつ鋭敏に対処できる姿勢を持ち続けたいと願っています。

グッドライフデザインの考える「標準化」

医療現場での標準化は、ミスの防止につながります。さらに、改善を重ねることで高度な体制が出来上がると私たちは考えます。それを、グッドライフデザインではCQM(Continuous Quality Manegement)と呼び、「継続的な改善の結果としての標準化のレベルアップ」を目標にしています。
例えば、グッドライフファーマシーの場合、お客様ご自身の顔写真を確認しながら、薬剤師と対面服薬指導を行うことでミスを防止しています。
また、検体検査では、クルマの製造ラインをモデルにした正確かつ迅速なコンピュータデータとシステムを、構築しています。
また、物品管理に関しては、必要なときに必要な量の物品をお届けする『ジャストインタイム』を実践。グッドライフデザインによる在庫管理は医薬品にとどまらず、医療材料・医療機器に至まで、受注があってからでなく、『どの時間に何が必要か』を管理するなど、医療機関の皆様が、本来の業務に集中できるようにサポート体制を実践します。
私たちは、常に最高の品質と効率を追求することで、医療機関の皆様に付加価値を生むサービスを目指しています

pagetop